2010年 10月 06日

ルーツ

どうも私は江戸弁らしい。らしい、というのも全く自覚がない。

いままでに家人に指摘されたものをあげると・・・

手術(しゅじゅつ)がいえない。『しじつ』といってしまう。
言ってしまうだけならまだいいのだが先日はメールで『しじつ』と記し変換できずに
パソコンを出来ない子よばわりしていた。(←出来ない子はわたしだった・・・)
以前ビスコッティの食べ方について家人に説明しようとして
『このクッキーはコーヒーにしたしたにしたす』といって爆笑されたことがある。(正解はひたひたにひたす、なのね。実は未だにいえない・・・)
つい最近ではドラえもんにでてくるわき役スネオがいえなくてツネオ・・・。
家人によると私はアサヒ新聞もいえてないらしい。

あと顕著なのは『~といっている』を『~っつてんの』『~っつうの』←これぞ江戸弁らしい?
私自身は普通に身についてしまっているので気がつかなかったんだけど、ちいさい‘つ’は皆さんあまり使わないらしい。決してビートたけしの真似をしている訳ではないのだけど。
そういえばサラリー時代に九州出身の同僚から「落語きいているみたい」といわれたことがある。

東京生まれといっても4歳から埼玉育ち。。。でもルーツを辿れば母は品川生まれ、祖母は深川生まれ。
そっか~。言葉って脈々と受け継がれているのね~。ほへ~。と妙に納得。

ちなみに家人は関東っぽい『バカヤロウ』がうまく言えません(笑)。
[PR]

by kurikuho-ura | 2010-10-06 21:35 | たわいもない話


<< おかあさん?      はじめての・・・ >>